ネズッポ

 珍しい魚が入荷したので、写真を撮ってみました。

 ネズッポです。

 メゴチなんて呼び方が一般的ですね。

 最近あまり見かけない地魚の一つですね。わかりづらいですが、魚屋では真ネズ、ネズ、キツネなんて種類分けもあります。今となっては昔の呼び方です。

 天ぷらで作りますが、新鮮な真ネズは刺身もいけます。食べるところほとんど無いですが・・・。

 ちなみに、奥のネズは体の横に縦縞が見えると思います。この奥の縞模様のネズを昔の魚屋は真ネズと呼んでいます。

 

 ちなみにのちなみに、わかりやすいように「縦」縞と書きましたが、魚はこの向きの縞を「横」縞と呼びます。まあ、面倒な話なので、詳しく知りたい方は、魚の縦縞横縞を検索してみて下さい(笑)。

 

 キツネというのは口先がキツネみたいに窄まっています。今日は混じってなかったようです。

 

 こちらはホウボウ。

 2kg台です。

 ホウボウ自体は内湾でも比較的よく上がるお魚ですが、このくらいの大型のものは珍しいですね。館山あたりの旅館の舟盛りの写真に載っているようなサイズです。←わかりづらい表現ですね(笑)。

 

 焼いても上品な白身でとても美味しいお魚です。煮魚も美味しい。でもこのサイズで鮮度がいいので、お刺身で造ります。