それは冬に美味しいお魚です。

だいぶ寒くなってきましたので、夜のコースにはお一人づつの鍋をご提供させていただいています。

写真は九州の「ハタ」です。

このお魚を「しゃぶしゃぶ」にしていただきます。

 

忘年会でお楽しみのお客様にご説明すると、かなりの高確率で「ハタハタ」?と・・・。

 

いいえ、こちらのお魚は「ハタ」です。

 

そして、こちらが「ハタハタ」です。

 

冬の日本海、大荒れの海にやって来る秋田県産の「ハタハタ」です。

初物入荷しました。

メスの卵の「ぶりこ」も人気ですが、今回入荷したのはほとんどオスでした。

「ぶりこ」が無い代わりに、まるまる太った白子がたっぷり詰まってます。

白子もクセがなくてとても美味しいですよ。

 

淡白な白身ですが、新鮮なハタハタはあっさりと炊いた煮魚、シンプルな塩焼きどちらも絶品です。

火が入ると骨からの身離れも良くて、小さい割にとっても食べやすいお魚です。

 

高級魚「ハタ」と惣菜魚「ハタハタ」。

どちらも冬を代表する美味しいお魚でした。

 

 

もちろん、フグもおすすめですよ。