バカ貝のさんが焼き

写真は当店自慢の「バカ貝のさんが焼き」の材料です。

これを捏ねて焼き上げます。

 

房総の郷土料理の「なめろう」はご存知の方も多いと思います。

新鮮な鯵や鰯を薬味(生姜、ネギ、ミョウガ、大葉etc)、味噌と和えて叩いたものを「なめろう」と言いますが、更にそれをハンバーグのように焼き上げたものを「さんが焼き」と言います。

 

そして「バカ貝」ですが、木更津金田名産の二枚貝です。蛤のような形のとても薄い殻の貝です。近隣の市原市の地名が由来となって「青柳」という名で流通しています。

 

通常はコースの一品として、笹の葉に包んで提供させていただいています。

お酒の肴にオススメですが、ここだけの話、これで締めのお茶請けなんていうのもとても美味しいです。

 

材料(写真、上から時計回りに)

・バカ貝(小柱、舌切)

・砂糖

・味噌

・大葉

・ミョウガ

・ネギ

・生姜

・卵

・秘伝の隠し味